こんにちは、飯田です。

 7月7日に第7回日本アスレティックトレーニング学会学術大会が開催されます。この学会には日本全国のアスレティックトレーナーが集まり様々な発表が行われるのですが、これまでの「繋がり」からシンポジストとしてのご依頼を受け発表する機会をいただきました。
テーマは「スポーツ現場におけるアスレティックトレーニング学の現状」。
マイナースポーツであるセパタクローの現場では実際どのようにアスレティックトレーナーが活動しているのかの報告、その問題点と今後強化を進めるに当たってどのような研究をしていきたいのかということを発表する予定です。

と、少しカタメに語ってみましたが実際の現場で選手に日常から指導・サポートするのはコーチである自分しかおらず、今回のテーマに沿ったお話をするとなると問題点と課題しか出てきません…。

だったら何故この話が自分のところに来たのか。
それが今回のテーマである「繋がり」からなのです。

実は今回この機会を与えてくださったのは杉山ちなみさんという日本の女性トレーナー界のパイオニア。冬季オリンピックにて浅田真央ちゃんの専属トレーナーとして帯同していた方で、更に今大会の大会長も務める方なのです。
自分は現役時代に「繋がり」からちゃっかりトレーニングを見ていただいており、現役引退後にワイズを紹介してくれたのも杉山トレーナーでした。

そんな杉山トレーナーがマイナースポーツの現状をもっと広く知ってもらい、いろんな人がセパタクローの研究をしてくれたらいいね、と今回この機会を与えてくださいました。
いつか必ず恩返しをしたいと思いながらも何もできずにいたため、今回少しでも期待にお応えできるように頑張りたいと思っています。

 人との「繋がり」は大事だとどの世界でも言われるかと思いますが、トレーナー界ではそれが特に顕著だと言われていますし、今回の件で自分でも再認識しました。

そんな人との「繋がり」がたくさんできる機会があります!
ATCSA(アスレティックトレーナーキャリアサポートアカデミー)
http://atcsa.jp
日本代表チームトレーナーはもちろん、オリンピック帯同トレーナーなど国内トップクラスの豪華トレーナー講師が5月30日より1週間に一度30週にわたるセミナーを開催いたします。

少人数制でセミナー後にはトレーナー講師とお話をすることもできるため、今後代表レベルやオリンピックのトレーナーを目指している方、または将来自分のなりたいトレーナー像を確立したいという方がいましたら大チャンスです!

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

最後は完全に宣伝になってしまいましたが、これまでの自分の経験からも受講する方にとってこれほど素晴らしい機会はないと思っています。

ご応募お待ちしております!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.