熊本市生まれ。3歳よりピアノ、6歳よりバイオリンを始める。
中学3年時、第38回全日本学生音楽コンクール西部大会中学の部第一位。
東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。
在学中、九州交響楽団とメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を協演、熊本県立劇場大ホールにてメニューヒン氏の公開レッスンを受講。
在学中より演奏活動を開始。
在京オーケストラへのエキストラ出演や、テノール歌手、錦織健氏のコンサートツアーにピアノカルテットに1st.Vn.として参加するなどのクラシックから TV CMや映画音楽の録音、ポップス歌手のサポートメンバー、歌謡番組の出演等の仕事、そして特にミュージカルでの演奏に重きを置くようになる。
音楽教育の面では、ダルクローズ・リトミック国際資格サーティフィケイトを日本のバイオリニストとして初めて取得し、リトミックに対し演奏家からのアプローチを発表し、講座を開いたりダルクローズ作品を演奏したりしている。
また、近年では、横田明紀男とのコラボレーションで国内外での演奏が増えている。

主な参加演目

「ネバー・オン・サンデー」「李香蘭」
「サウンド・オブ・ミュージック」「ソング & ダンス」
(以上、劇団四季)
「オリバー」「ミス サイゴン」
「ピーターパン」「スクルージ」
「ファントム」
「ラスト・ファイブ・イヤーズ」
「シラノ」「ボニー&クライド」「嵐が丘」
「ロック・オペラ・モーツァルト」「カルメン」
「手紙」「グランドホテル」
「スカーレットピンパーネル」「パレード」等々、
長尾珠代ストリングスとしての作品参加が数多い。

2002年に、自身のsoloアルバム
「私の心はヴァイオリン」をリリース。
本邦初となるジャック・ダルクローズの作品やシャンソン、ミュージカルナンバーを盛り込む作品となっている。

長尾珠代関連サイトはこちら。

ワイズライブの公式Facebook

ワイズライブの公式Twitter

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.