新年度より始まりましたルーキーシリーズも先週の山﨑で終了となりましたので、今回は2012年よりオールドルーキーとして入団いたしました飯田が担当させて頂きます。
思い起こせば入社前年の夏、セパタクロー現役引退後のセカンドキャリアに関して調べていたところ、ネットでふと目についた会社が【ワイズ】でした。
大変お世話になっているトレーナーさんにワイズって知ってますか?と尋ねたら、「あっ、山ちゃん?知ってる、知ってる。紹介するよ!」ということで代表と電話、その後面接をして入社が決まりました。
入社時の初心忘るべからずということで、5年前に書いた私の一番最初のブログを見返したところ【情熱】という題名で、トレーナーとしてのセカンドキャリアを必ず成功させます!と書いてありました。
ふと思い出したこの「初心忘るべからず」という言葉が少し気になり、ルーツを調べたところ3つの言葉が出てきました。
1.是非とも初心忘るべからず(是非とも修行を始めた頃の初心の芸を忘るべからず)
2.時々の初心忘るべからず(修行の各段階ごとに各々の時期の初心の芸を忘るべからず)
3.老後の初心忘るべからず(老後に及んだ後も老境に入った時の初心の芸を忘るべからず)
3つにはそれぞれこのような意味があるようです。
私はまだ3の境地には全然至っていないため、1の【初心】を忘れずに、これからもどんどん新しいことにチャレンジしていく中でも全ての【初心】を忘れずにいたいと思います。
現在では入社時には想像もできないほど会社自体も事業を拡げ、私自身もたくさんの仕事に携わらせて頂いています。
入社時に思い描いていた大きな意味でのセカンドキャリアの成功はまだ達成してはいませんが、一歩ずつ会社の成長とともに自分も成功に近づけているはずです。
大きくなった分、任されることや責任感は増えていきますが、初心を振り返りながら忘ることなく日々精進したいと思います。
 飯田 義隆

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.