2017年4月23日(土)、侍ジャパンU12代表選手を決定するため、東日本トライアウト開催しました。
そこでは、弊社のフィールドテストが採用されています。
世界大会やオリンピックの陸上競技で多くの機材が採用されているニシ・スポーツ社の光電管を導入しより正確に尚且つ短時間で測定ができるようになっています。

測定種目

①50m走(10m/30m/50m):走力
②メディシンボールスロー:パワー
③バッククロスオーバー走:守備(内野・外野)
④低重心サイドステップ:守備(内野)
⑤ベースランニング:走力
⑥球速:投力
⑦キャッチャーセカンド送球:守備(捕手)

フィールドテストの特徴

弊社のフィールドテストの特徴として、ポジションに必要なフィジカル能力を測定することができポジションの適性を定量化(数値化)できることです。
見た目、感覚だけではなく、そこに定量化されたデータがあることで各選手にあったポジションを知ることができますし、また指導者はチーム全体や個々のフィジカル能力の強み、弱みを知ることができ、練習やトレーニングメニュー作成の材料になります。また選手は自らのフィジカル能力を数字やランクで見ることができ、現状を理解できることで補うべきところが明確になり、練習やトレーニングへの取り組み方も変わってきます。

侍ジャパンで測定した種目以外にも、野球やポジションに必要なフィジカル能力を測定する種目もあります。フィールドテストの時間は約1時間30分で終了し、その30分後には測定結果を個人表にして指導者、選手へお渡しします。また測定結果がでるまで、プロ野球選手や侍ジャパンU12でも行うフィジカルトレーニングを体験頂けます。
是非お問合せください。

株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメント
TEL:045-514-9359 
担当:金井

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.