梅も見頃が過ぎ、桃の花が色付きながら桜の蕾が徐々に大きくなりつつありますね。
気温の変化とともに少しずつ春の訪れを感じる頃となりました。

今回は、4月よりワイズ9年目を迎える金井元希が担当致します。

毎年この時期となると、新たな年度への意気込みと自分へ課せられたテーマに心がワクワクする自分がいます。
そして学生は社会人に、新人は先輩に、中には役職のつく人がいて、色々なところで目に見える変化が生まれます。

仕事においてもチームの組織においても、変化することというのはエネルギーのいることです。
変化の先には勝利があり、喜びがあり楽しみがあったりと、本当に「やってみなくてはわからない」言われるようにポジティブに捉えられることばかりが頭に思い浮かびます。
そうしたことに取り組んでいる人の姿は美しくそして気持ちがよく、心から応援したくなりますよね。

今、私が関わらせて頂いている高校の部活動でも日々選手たちチームが変わろうともがき苦しんでいます。
昨年運よく高校総体にも出場しましたチームなのですが、主体はほとんど3年生だったこともあり、新チームとなったこの春先のスタートは苦難の連続です。
そんな中でも試合を追うごとに少しずつ変化の兆しを見せている選手には、本当に驚かされます。
そしてもっともっと「良くしたい」と指導にも思わず力が入ってしまいます!
そんな素直で純粋な高校生との時間では、9年目となる私もまだまだ学ばせてもらうことの多くある指導の時間です。
当然まだ高校生ですので時には稚拙なミスをしてしまうことも、しばしばですが。笑

そんな「変化(=成長)」に欠かせないことが、「情熱・向上心・謙虚さ・素直さ」であると入社当初から代表に常々言われ続けています。
そんな想いを背負い私も選手たちにトレーニング後に投げかける言葉は、「先(目標)を見てぶれずにまっすぐに進み続けよう」と私が大事にしている4つの言葉を連想させるようなメッセージを一丁前に伝えさせてもらっています。でも人間は弱い生き物なので、ぶれずに進み続けることって単純なことながら本当に難しいですよね。

そんな中で先日、夜のニュース番組の特集で三浦知良選手が取り上げられていました。
変わりゆくカラダを「変わらず(それに対して変わらないようにしていくことも、また変化なのかと)に保つ」飽くなき挑戦。

「成長するために起こす変化のためには、変わってはいけないこと(もの)がある」
そんなことを心に訴えかけるようなカズさんの言葉。本当に見た目も若々しく、新たなスタートを切ったばかりかのような瞳の輝き。
「変化」することについて、また一つ見方の変わった瞬間がありました。

試合後のメディア対応でのエンターテイナーぶりは、さすがという様子でしたね!

画像: ピンクのスーツが似合う50歳、さすがです。 www.excite.co.jp

ピンクのスーツが似合う50歳、さすがです。

www.excite.co.jp

徐々に暖かくなり、そして季節は新年度を迎えます。皆様にも良き変化とともに、実りある新年度となることを心より願っております。

追伸

弊社フィットネス施設、ワイズ・パークでは3/20より来春キャンペーンを開催いたします!
恒例となりますが、新規ご入会者様をご紹介頂きました会員様にはお得な割引チケットをご進呈いたします。
ぜひ、皆様でもっとワイズ・パークを盛り上げていっていただけますとさいわいです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.