備え

こんにちは、西岡です。

ここ数日気温も下がり、すっかり秋に近づいてきていますね。
私の天敵、セミも最後の力を振り絞りここ数日帰宅する私を遮りるよう扉に辿り着くまでの間に何匹も暴れまわって飛んできます。

さて、話はすっかり変わりますが、先日日本赤十字社の講習会に行って参りました。
私が受けたのは【救急法基礎講習と救急員養成講習】です。
ここで学ぶのは日常生活における事故防止、手当の基礎、胸骨圧迫・人工呼吸の方法、AEDの使い方、止血の仕方、包帯の使い方、骨折部の固定、運搬、災害時の心得や知識・技術を学びます。

この講習を受けるのは2回目なのですが、ちょうど今年の7月にガイドラインが改訂されておりましたので、最新の技術を学ぶことが出来ました。
講師の先生方は皆さんボランティアです。
それぞれにお仕事がある中、お休みの日に我々の為に講習をして下さっています。

講習会自体は基礎・養成共に、学科・実技の試験があります。
久しぶりの講義・試験、いい緊張感でした。率直に学ぶ事が楽しかったです。

参加した方はそれぞれで、現役の看護師さん、看護師・救命士を目指す高校生、地域の消防団に入っている方、山岳部の顧問の教員、会社の中で救急法を学ぼうと受けに来た保険会社の方々、趣味で登山を楽しむ方と、とにかく様々な方が参加されていました。

今回申し込みをした団体は【文の蔵 ふみのくら】さんというところだったのですが、ここは主催者の横山さんという方のご実家を改装しセミナーハウスとして3年前から講習会を開催しており、3年前の7月【文月】にオープンしたのが名前の由来だそうです。

文の蔵さんの特徴は実際の講習のみでなく、災害時に備えた講習も行っていることです。
資格を取るための講習とは別に開講前に非常時の装備・対応方法・非常食の準備など、いざ災害が起きた時に実際には何をやらなければいけないのか、災害現場ではどんなことが出来るのかを学びました。
その中で驚いたのは、ヘルメットの違い、そして、非常食です。

工事現場で使用されるようなヘルメットからたためるヘルメット。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、このたためるヘルメットその名も【タタメット】
災害に備え私の子供のころ、防災頭巾というのがありましたが、あの防災頭巾もいまではタタメットに変わり、学校の教室の後ろにタタメットがずらりと収納され、防災訓練時にはタタメットをかぶり集団下校をするそうです。(一部地域によるそうですが)

非常食では強化ポリエチレンでできている炊飯袋でお米を煮て、お昼に皆で食べました。
1袋で1合、炊くのではなくお湯で煮て作ります。非常事態には役割も大切で、誰が何をするのかといった役割分担をすることも大事です。
当たり前のことではありますが、いざという時に何をすればよいのか、何からすればよいのか、その時が来たら落ち着いて皆さん行動できますか?
講習の最後には災害時の手当・搬送を実際にシミュレーションします。
いざとなると全く合理的になんてできませんでした。ほんの数時間目前で学んでいても。。。

いざという時に備え、文の蔵さんでは様々なことを講習外でわれわれ受講者に教えて下さいました。
いざという時が本当はきてはいけないことですが、万が一起きてしまった時に少しでも力になる現場にいきる講習でした。

そもそも、主催者の横山さんのお母様が30代のころ高速バスの転落事故に遭い、一番の重傷者になったことがこの活動をするきっかけになったそうです。
今ではご家族皆で講習会を開催しているそうで、事故に遭われたお母様も80歳を過ぎた今、受講者に送る資料のラベル貼りのお手伝いをされているそうです。

1年半前にはコンサート会場退出時に3階席から人が落下、落下してきた方が一緒に来ていた妹さんに直撃。
今はやっと普通の生活が出来るようにはなってきたそうですが、まだ完治ではないそうです。
その時にただ見ているだけの人、もう無理だねと話しながら去る人、動画を撮る人と信じられないようなお話も伺いました。
そんなときに皆さんは、この講習で得た技術を是非、いざという時に生かしてほしと涙ながらにお話をしていました。

今回の講習では救急員として単に技術を身に付けるだけでなく、こういう現実があることを理解した上で生かせるようにしていくことが大事だと思いました。

2年前から会社でも12月にCPRの講習会をしてくれています。とっさに動けるようにするには体で覚えておくことですね。
川島さん、今年も講習宜しくお願いします!

文の蔵さんは資格取得後も講習会にはいつでも参加しに行っていいそうです。
驚きです、お金取りません。
なぜか?
資格を取ることがゴールではなく、いざという時に備え自信をもって出来るまでいつでも練習しに来てくださいと。

身構え・心構え。
皆さんもいざという時の為に、自分に出来る何かを是非見つけてみて下さい。
どんなことでもいいと思います。

私も何か少しでも役に立てるよう、備えていきます。

季節の変わり目、皆さま体調崩されませぬようご自愛ください。

画像: 備え

※写真は2年前の社内研修時のものです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.